”聴きます” ”見つけます” ”提案します” ”伴走します”

球磨サイクルセンター PayPay先駆け導入

プレスリリース 2019年2月8日(金)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019年はキャッシュレス時代に突入! 備え(QR)あれば憂いなし!
株式会社球磨サイクルセンター、人吉市中小企業でPayPay先駆け導入
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 自転車専門店を手掛ける、株式会社球磨サイクルセンター(所在地:熊本県人吉市、代表:松岡靖之氏)は、キャッシュレスQRコード決済サービス「PayPay」を、2019年1月4日(金)より導入致し、人吉市の中小企業では先駆け的な先進事例となっています。

 

【導入背景】
人吉球磨地域ではキャッシュレス化があまり進んでいないのが現状であり、クレジットカードやデビットカードなどのカード払いでさえ普段使い用の決済方法としては広まっていません。キャッシュレス対応は、西日本や九州地区においては全国レベルでも普及が遅いとされています。
こうした中、株式会社球磨サイクルセンターでは、「額の小さなものから大きなものまでもキャッシュレスで支払うことができる便利さ」と「人吉市で最初に導入したいというチャレンジ性に惹かれ」導入の運びとなりました。球磨サイクルセンター社長の松岡氏は、「弊社のPayPay導入を契機に、キャッシュレス・ペイの便利さを知ってもらい、地元の消費活動増進につながれば」と期待しています。
なお、球磨サイクルをはじめ地元の中小企業を応援しているヒットビズ(松山センター長)は、「今後、急速に進むと思われるキャッシュレス時代に備え、インバウンド需要も見すえたキャッシュレス対応のためのセミナーを計画しており、準備が整い次第、募集案内をかけたい」と話しています。

 

【PayPayについて】
PayPayは、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社であるPayPay株式会社によるQRコード電子決済サービスです。登録の手続きをすれば、特殊な機械の導入などをせずにキャッシュレス支払いの仕組みを導入できるため、東南アジアなど海外では導入が急速に進んでいます。PayPayは、中国のAlipay(スマホ決済サービス)と連携を開始したことから、中国人観光客のインバウンド対応としても期待されています。

 

【株式会社球磨サイクルセンターについて】
人吉球磨の自転車専門店。ロードバイクなどを中心に自転車で走る楽しみを伝えながらメンテナンス、イベント等も行っています。人吉球磨サイクリングクラブも主宰しています。
〒868-0081 熊本県人吉市上林町1413-1
代表者:代表取締役 松岡 靖之
設立:昭和58年12月22日
Tel:0966-24-1819
kumasaikuru@lemon.plala.or.jp
事業内容:自転車専門店・原付修理販売店 ・サイクリングクラブ