”聴きます” ”見つけます” ”提案します” ”伴走します”

整体それいゆ 視覚障がい者向け支援 朗読CD等を寄贈

プレスリリース 2020年6月12日(金)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リラクゼーション整体院それいゆは
視覚障害者向けの読書支援として
朗読CDと触れる絵画本を 人吉市立図書館に寄贈されます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

リラクゼーション整体院それいゆ(代表:佐藤周平 熊本県人吉市中青井町320)は、この度視覚障害者向けの読書支援として、朗読CD、触れる絵画本を人吉市立図書館へ寄贈されます。
整体それいゆが今年3月から始めた訪問マッサージ業は、全盲の訪問マッサージ師(国家資格)と運転スタッフのペアで行う医療業務サービスです。その全盲の施術者さん(70歳球磨村在住)は、実はたいへんな読書好きでこれまで多くの本を読まれてきましたが、郡市の図書館には視覚障害者向けの点字の本や音読CDがないため、わざわざ熊本市の点字図書館より取り寄せて読んでいます。そのことを知った佐藤さんが、地域の視覚障害者むけに何かできないかと考え、朗読CD、さわれる絵画本の寄贈を決意されました。6月15日(月)15時〜市長室にて寄贈式予定。

視覚障害者の方が本を読むのは点字の本です。一般的には、それだけと思われがちですが、実は、手で触って感じられる絵画の本や、著名人が朗読する聞くCD本などがあります。こうした多様な本があることを知ったそれいゆ代表の佐藤さんは、自費を投じて下記のような視覚障害者向けの本を、人吉市の図書館へ寄贈することとなりました。
この寄贈をきっかけに、自宅などに眠っている朗読CDや、点字本などを図書館に寄付する人が増えて、視覚障害者の読書の支援につながればというのが、佐藤さんの熱い思いです。

*聞いて楽しむ日本の名作 全16巻
市原悦子、橋爪功などの著名人が、「坊ちゃん」「24の瞳」などの日本の名作を朗読

*触れる世界の名画集 1冊
「モナリザ」「叫び」など世界の名画を立体化して触れる名画集。点字の解説付き。

6月15日、15:00から市役所市長室にて寄贈式が行われます。