”聴きます” ”見つけます” ”提案します” ”伴走します”

空き家再生プロジェクト第3弾開催!第3弾は「解体、点検編」

プレスリリース 2019年7月24日(水)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
“みんなで手作り”空き家再生プロジェクト第3弾開催
人吉・球磨ミライ創造ラボ
7月28日の第3弾はわいわいチェック「解体、点検編」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

空き家再生プロジェクトを人吉で積極的に行っている地域づくり団体「人吉・球磨ミライ創造ラボ」(大塚勝海代表)は、今回も参加者を募り、第3弾(7月28日 日曜日 9:00~16:00)を開催予定。今回のテーマは、みんなでわいわい内装解体&建物点検!建築のプロをお呼びして、家具の搬出から内装材の除去・解体、そして実際の雨漏りやシロアリ、壁や床材の点検までの一連の流れを行う予定です。

 

第1弾、「空き家再生ワークショップ:お片付け編」、そして第2弾「かわいいもの探し」はどちらも定員超えの大盛況に終わり、第3弾のイベントでは、建築のプロを講師としてお招きするなど、大いに期待できるプロジェクトとなっています。第2弾の「かわいいもの探し」で出た活用アイデアを参考に、今回は丸1日かけて、プロの方と、解体作業などを行う予定。参加者の定員は安全の確保のため10名程度。保険とお弁当が参加費に含まれます。場所は前回と同じく中原コミセン(下原田町荒毛)近くの空き家。当日は中原コミセンに集合し、説明をうけながら点検、解体に入るとのことです。

 

YYbase|ミライ創造ラボ

 

 

大人気のこのイベントは、人吉市でも大きな課題となっている空き家問題に、代表の大塚氏が危機感を持ち、長年の構想を経て、人吉市の若者を中心に空き家ワークショップ“みんなで創り、みんなで活用”を目標として計画。大塚代表は「ないものねだりではなく、地域に“あるもの”を楽しく活かしていけば、自然にまちづくりにつながるのでは。この空き家も地域にある資源。若い人達が集える交流拠点としたい。」と話しています。

 

人吉・球磨ミライ創造ラボのこれまでの活動は以下の通りです。
第一ステップ: 空き家かたづけワークショップ 5月12日
第二ステップ: デザイン構想ワークショップ 6月14日
第三ステップ リフォーム・ワークショップ 7月28日

 

 

該当の空き家は、8年近く放置されていましたが、大塚代表が経営する春風不動産(人吉市)が管理物件とし、空き家再生のケースワークにすべく、再生プロジェクトに取り組んでいます。大塚氏は、リノベーションをイベント化することで、作業効率を上げ、活用アイデアを広げ、活用者を募るプロジェクトとして遊びながら活性化する方向を目指しており、大塚氏の活動は、今後の空き家対策の方向性に光をあてる活動として注目されています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 開催概要  ※終了しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日 時  2019年7月28日(日) 9:00~16:00
場 所  人吉市下原田町2132-4(中原コミセン集合)
内 容  「空き家再生ワークショップ:わいわいチェック―解体、点検編―」
作業しながら、畳やかもいなど、家にまつわる豆知識のお話もあります。

代 表  人吉・球磨ミライ創造ラボ  大塚